ゆめみるあんぽがき日記 2006年以降分 2005年までの分はこちら

こっちも見てね→ゆんゆらんど(本の紹介) ←気に入ったら押してね

  見出し 「ぬしさまへ」を読んで  11/2

読書 2010/11/3,0:36:11


管理用
ID
PW
全ての記事(424)
2012年(1)
2010年(42)
2009年(68)
2008年(49)
2007年(101)
2006年(163)

映画(9)
鳥(60)
グルメ(63)
おやつ(44)
その他(138)
ドラマ(6)
折り紙(1)
歴史関係(29)
花・植物(32)
料理(11)
旅行(13)
読書(10)
空(8)

「ぬしさまへ」を読んで  11/2

「しゃばけ」を読んで  10/15

「僕僕先生」を読んで

「7年目のセキララ結婚生活」を読んで

「おかあさんとあたし。」を読んで

あのころ

思い出の絵本作家さん

グーグーだって猫である

西の魔女が死んだ

B型 自分の説明書



「ぬしさまへ」(畠中恵 著/新潮文庫)を読みました。

これは、「しゃばけ」という作品の続編です。

「しゃばけ」がなかなか面白い作品だったので、2作目も読んでしまいました。

「ぬしさまへ」は、「しゃばけ」のような長編作品ではなく、何作かの短編からなる短編集で、とても読みやすく、また面白かったです。

1作目の「しゃばけ」では語りきれなかった、キャラクターの深みなど、とてもよく描かれていてよかった。

実はもう、「しゃばけ」の3作目である「ねこのばば」を途中まで読んでます。

なんか、知らない間にはまってますね(笑)

さて、「ぬしさまへ」の中で一番気に入った作品は、「空のビードロ」という話。

これは、この「しゃばけ」シリーズの主人公こと「若だんな」の兄、松之助を主人公にした物語で、それまで、名前しか出てこなかった、この松之助の人となりが、いきなりクローズアップされます。

こんなふうに、若だんな以外のキャラクターを主人公にした物語をのせることで、ますます全体に厚みが出てくるわけです。

この先、どんな展開が待ってるのかわからないけど、先が楽しみ♪


コメント( 6 )








502117

トップに戻る