ゆめみるあんぽがき日記 2006年以降分 2005年までの分はこちら

こっちも見てね→ゆんゆらんど(本の紹介) ←気に入ったら押してね

  見出し グーグーだって猫である

読書 2008/8/7,2:44:16


管理用
ID
PW
全ての記事(424)
2012年(1)
2010年(42)
2009年(68)
2008年(49)
2007年(101)
2006年(163)

映画(9)
鳥(60)
グルメ(63)
おやつ(44)
その他(138)
ドラマ(6)
折り紙(1)
歴史関係(29)
花・植物(32)
料理(11)
旅行(13)
読書(10)
空(8)

「ぬしさまへ」を読んで  11/2

「しゃばけ」を読んで  10/15

「僕僕先生」を読んで

「7年目のセキララ結婚生活」を読んで

「おかあさんとあたし。」を読んで

あのころ

思い出の絵本作家さん

グーグーだって猫である

西の魔女が死んだ

B型 自分の説明書



「最近、よく本を読むね」、と、夫に言われました。

最近、娘が赤子→幼児に変貌したせいか、少しだけ「そういう時間」が、持てるようになったのかも。


さてさて、「グーグーだって猫である」。

小泉今日子さんが、映画をやるっていうんで、なんとなく気になってました。

映画は見れるかどうかわかんないけど、どんな話か気になる・・・と思ったのがこの本を手にとった理由。

あんぽがきはふつう、「映画を見る→原作本を読む」派なんですが、今回はたぶん、映画は見ないだろうな、と思ったのが本音です。

このお話、大島弓子さんという漫画家さんのことが書いてあるのですが、彼女が主役ではなく、目線は、大島さんのアシスタント、「ナオミ」の目線で書かれてます。

大島さんの漫画、残念なことに読んだことありません。

作中にタイトルだけ出てくる「綿の国星」は、本屋で見かけたことがある!と思いました。
うっすら絵柄というかタッチもなんとなく頭に浮かびます。

「ものをかく人」って、感性が何かちがうんだろうなあ。
繊細でいて、やわらかく、それでいて強い人。そして、とてもミステリアス・・・大島さんの作中での印象です。








コメント( 2 )




685607

トップに戻る