ゆめみるあんぽがき日記 2006年以降分 2005年までの分はこちら

こっちも見てね→ゆんゆらんど(本の紹介) ←気に入ったら押してね

  見出し 「しゃばけ」を読んで  10/15

読書 2010/10/16,0:46:12


管理用
ID
PW
全ての記事(424)
2012年(1)
2010年(42)
2009年(68)
2008年(49)
2007年(101)
2006年(163)

映画(9)
鳥(60)
グルメ(63)
おやつ(44)
その他(138)
ドラマ(6)
折り紙(1)
歴史関係(29)
花・植物(32)
料理(11)
旅行(13)
読書(10)
空(8)

「ぬしさまへ」を読んで  11/2

「しゃばけ」を読んで  10/15

「僕僕先生」を読んで

「7年目のセキララ結婚生活」を読んで

「おかあさんとあたし。」を読んで

あのころ

思い出の絵本作家さん

グーグーだって猫である

西の魔女が死んだ

B型 自分の説明書



「しゃばけ」(畠中恵 著/新潮文庫)を読みました。

この作品に出てくる「妖(あやかし)」とは、妖怪のことなのでしょうか?

憑喪神(つくもがみ)とも表現され、憑喪神だと神様のことなのでしょう。

以前、夢枕獏さんの書いた、「陰陽師(おんみょうじ)」という作品を読んだことがあります。この物語では、主人公の安倍晴明(あべのせいめい)が、式神という使い魔を使って、やはり、人ならぬもの、妖、を退治するというものでした。

水木しげるさんの「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪といい、「妖(あやかし)」という存在は、読者にたまらない魅力を与えるようです。

「しゃばけ」の若だんなは、佐助と仁吉という二人の忠実な妖とともに、難事件を解決していくわけですが、その形は、なんとなく「水戸黄門」の黄門さまと助さん、カクさんを思わせます。

まだまだ「しゃばけ」1冊では、キャラクターたちの堀りが浅いので、2冊目以降の続編が楽しみです。

江戸時代が舞台なの、いいですね。

江戸時代って、資料が多いせいなのか、人々の生活がすごくわかっていて、読んでいると想像しやすくて楽しい。

「神田明神の前のあたり・・・」など、地理も現在の場所と照らし合わせやすいし。




コメント( 0 )


685634

トップに戻る