ゆめみるあんぽがき日記 2006年以降分 2005年までの分はこちら

こっちも見てね→ゆんゆらんど(本の紹介) ←気に入ったら押してね

  見出し 持統天皇 10/12

歴史関係 2006/10/12,18:21:23


管理用
ID
PW
全ての記事(424)
2012年(1)
2010年(42)
2009年(68)
2008年(49)
2007年(101)
2006年(163)

映画(9)
鳥(60)
グルメ(63)
おやつ(44)
その他(138)
ドラマ(6)
折り紙(1)
歴史関係(29)
花・植物(32)
料理(11)
旅行(13)
読書(10)
空(8)

海のエジプト展

いざ、鎌倉

人をのろわば・・・

ハッピーバースデー♪ 3/31

きなこ・・・好きだったのに 3/10

寿桂尼 2/15

藤原道長 1/27

ボロブドゥール 1/20

北条時宗 1/19

マリー・アントワネット 1/13

謎の多い人 1/5

大伴坂上郎女 12/18

樋口一葉 12/3

額田王 12/1

おままごと? 11/25

北条時政 11/24

有間皇子 11/19

静御前 11/19

吉乃 11/4

大姫 10/29

お江与の方 10/27

氷高皇女 10/25

赤橋登子 10/22

竹御所 10/19

上杉謙信 10/18

藤原道綱母 10/16

間人皇女 10/15

徳川昭武 10/13

持統天皇 10/12



持統天皇(じとうてんのう)っていうのは、女性の天皇。

お父さんは645年に「大化の改新」を起こして、蘇我入鹿(そがの いるか)を殺した、天智天皇(中大兄皇子)といえば、「ああー」と思う人も多いはず。

彼女のお父さんは、蘇我氏を滅ぼした人であるわけなんだけど、なんの因果か、彼女のお母さんは蘇我氏の娘なんだよね。

だから、持統は、自分が天皇になることで、蘇我氏の血統(母方の血筋)を脈々と天皇家に伝えることになったんだ。


持統の旦那さまは、天武天皇。

でも、彼女が嫁ぐ前に、すでに彼女のお姉さんである太田皇女(おおたのひめみこ)が妃になっていたの。(姉妹で嫁ぐなんてすごいよね)

まあ、天武天皇という人、昔の天皇の常識にもれず、その他にもたくさん妃がいた人みたいなんだけどね。

で、太田皇女には大津皇子(おおつのみこ)という息子が、持統には、草壁皇子(くさかべのみこ)という息子がいたわけ。

大津皇子ができがよかったのに比べ、草壁はちょっとできが悪かったみたい。

持統としては息子がかわいいわけで、草壁を天皇につけるために、邪魔な大津を謀殺しちゃいます。(こわー)

でも、草壁はそんな苦労までしたのに夭折。

しかたがないので、今度は草壁の忘れ形見である、孫の軽皇子(後の文武天皇)を皇位につけるため奮闘。

ほんとにエネルギッシュな女性。

旦那の天武天皇も、彼女を政治的パートナーとしては認めていたようだけど、おそらく女性としては、そうでもなかったのかな。

女性がさびしさを紛らわせるのに、仕事に燃えるのはよくある話。

最後に、小倉百人一首にある持統天皇の歌を。

「春すぎて 夏きにけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」

 







コメント( 0 )


540765

トップに戻る