ゆめみるあんぽがき日記 2006年以降分 2005年までの分はこちら

こっちも見てね→ゆんゆらんど(本の紹介) ←気に入ったら押してね

  見出し 徳川昭武 10/13

歴史関係 2006/10/13,18:58:13


管理用
ID
PW
全ての記事(424)
2012年(1)
2010年(42)
2009年(68)
2008年(49)
2007年(101)
2006年(163)

映画(9)
鳥(60)
グルメ(63)
おやつ(44)
その他(138)
ドラマ(6)
折り紙(1)
歴史関係(29)
花・植物(32)
料理(11)
旅行(13)
読書(10)
空(8)

海のエジプト展

いざ、鎌倉

人をのろわば・・・

ハッピーバースデー♪ 3/31

きなこ・・・好きだったのに 3/10

寿桂尼 2/15

藤原道長 1/27

ボロブドゥール 1/20

北条時宗 1/19

マリー・アントワネット 1/13

謎の多い人 1/5

大伴坂上郎女 12/18

樋口一葉 12/3

額田王 12/1

おままごと? 11/25

北条時政 11/24

有間皇子 11/19

静御前 11/19

吉乃 11/4

大姫 10/29

お江与の方 10/27

氷高皇女 10/25

赤橋登子 10/22

竹御所 10/19

上杉謙信 10/18

藤原道綱母 10/16

間人皇女 10/15

徳川昭武 10/13

持統天皇 10/12



徳川昭武(とくがわ あきたけ)。

最後の水戸藩主。最後の将軍、徳川慶喜の弟といったほうが、わかりやすいかも。

この人が隠居後に住んだのが、千葉県松戸市にある戸定邸(とじょうてい)という別邸なんだけど、一度、私も行ってきました。

ボランティアのガイドさんがついてくれて、屋敷の中を説明しながら案内してくれました。

昭武さんという方、ことのほかお兄さんである慶喜と仲良しだったみたい。

慶喜が、「今度遊びに行くから、よろしくね〜」といった内容の電報も残ってるし、よく一緒に遊んでたみたいですね。(明治になってから)

昭武さん、写真や自転車の趣味が、兄の慶喜さんと合致してたから、気があったんだろうなあ。

昭武さんて、パリ万博に行ってるんですよ!

あの江戸時代にフランスですよ、フランス!(明治時代寸前ですけど)

そのせいもあって、戸定邸の庭もなんとなくフランス風味になってます。(フランスかぶれじゃ)

戸定邸の中を歩いていて思ったのは、鴨居が低い、低い。

昔の日本人男性のちびっこさがよくわかりました。

そうそう、昭武さんの二人目の奥さん、たしか、斎藤八重(さいとう やえ)さんという人だったと思うんだけど、この女性は、静岡の元藩士の娘。

つまり身分が低かったの。

昭武さんは、時代が変わり、隠居した身とはいえ、元水戸藩主だからねえ。(徳川御三家だよ)

だから、結婚しても、「奥さま」とは言われず、みんなに「八重ちゃん」て呼ばれてたんだって。

でも、人に好かれる人柄の人だったみたい。

ちなみに仲人というか、紹介者は慶喜。

前の奥さんと死別してさびしげな弟を気遣ったのかな?

昭武さん、有栖川宮(ありすがわのみや)とも交流があったみたい。有栖川宮、自動車自慢に来てたみたいだから。

かつては、幕府側と官軍で敵同士だったんじゃないの?この二人。


コメント( 1 )



540765

トップに戻る