ゆめみるあんぽがき日記 2006年以降分 2005年までの分はこちら

こっちも見てね→ゆんゆらんど(本の紹介) ←気に入ったら押してね

  見出し 間人皇女 10/15

歴史関係 2006/10/15,5:35:19


管理用
ID
PW
全ての記事(424)
2012年(1)
2010年(42)
2009年(68)
2008年(49)
2007年(101)
2006年(163)

映画(9)
鳥(60)
グルメ(63)
おやつ(44)
その他(138)
ドラマ(6)
折り紙(1)
歴史関係(29)
花・植物(32)
料理(11)
旅行(13)
読書(10)
空(8)

海のエジプト展

いざ、鎌倉

人をのろわば・・・

ハッピーバースデー♪ 3/31

きなこ・・・好きだったのに 3/10

寿桂尼 2/15

藤原道長 1/27

ボロブドゥール 1/20

北条時宗 1/19

マリー・アントワネット 1/13

謎の多い人 1/5

大伴坂上郎女 12/18

樋口一葉 12/3

額田王 12/1

おままごと? 11/25

北条時政 11/24

有間皇子 11/19

静御前 11/19

吉乃 11/4

大姫 10/29

お江与の方 10/27

氷高皇女 10/25

赤橋登子 10/22

竹御所 10/19

上杉謙信 10/18

藤原道綱母 10/16

間人皇女 10/15

徳川昭武 10/13

持統天皇 10/12



間人皇女(はしひとのひめみこ)。

645年に大化の改新を行った中大兄皇子の妹さん。

彼女は叔父である孝徳天皇の妻、つまり皇后になったの。

お母さんもお父さんも天皇だったし、血筋としても最高の女性だったわけ。

そして、皇后になったんだから、端から見れば、人生勝ち組!に見えたんじゃないかしら?


孝徳天皇の治世の時代、実質的に権力を握っていたのは、彼女の兄である中大兄皇子であり、孝徳天皇の力は極めて弱かったみたい。

そんなこともあって、孝徳天皇と中大兄皇子の仲は決してよくなく、ある時、中大兄皇子は、ほとんどの官僚たちを連れて、都である難波宮を出て行っちゃったの。(孝徳天皇だけおいてきぼりって感じ)

そして、あろうことかその中に、間人の姿もあったわけ。

なぜ彼女が、夫である孝徳天皇を捨てて都を後にしたのか?

どうも、兄の中大兄皇子と恋人関係にあったみたい。

飛鳥時代の頃は、異母兄妹の結婚は普通だったんだけど、彼女たちはなんと同母の兄妹なのよね。(たぶん、当時としてもタブーだったんじゃないかな)


コメント( 0 )


508328

トップに戻る