ゆめみるあんぽがき日記 2006年以降分 2005年までの分はこちら

こっちも見てね→ゆんゆらんど(本の紹介) ←気に入ったら押してね

  見出し 竹御所 10/19

歴史関係 2006/10/19,5:34:49


管理用
ID
PW
全ての記事(424)
2012年(1)
2010年(42)
2009年(68)
2008年(49)
2007年(101)
2006年(163)

映画(9)
鳥(60)
グルメ(63)
おやつ(44)
その他(138)
ドラマ(6)
折り紙(1)
歴史関係(29)
花・植物(32)
料理(11)
旅行(13)
読書(10)
空(8)

海のエジプト展

いざ、鎌倉

人をのろわば・・・

ハッピーバースデー♪ 3/31

きなこ・・・好きだったのに 3/10

寿桂尼 2/15

藤原道長 1/27

ボロブドゥール 1/20

北条時宗 1/19

マリー・アントワネット 1/13

謎の多い人 1/5

大伴坂上郎女 12/18

樋口一葉 12/3

額田王 12/1

おままごと? 11/25

北条時政 11/24

有間皇子 11/19

静御前 11/19

吉乃 11/4

大姫 10/29

お江与の方 10/27

氷高皇女 10/25

赤橋登子 10/22

竹御所 10/19

上杉謙信 10/18

藤原道綱母 10/16

間人皇女 10/15

徳川昭武 10/13

持統天皇 10/12



竹御所(たけごしょ)。

鎌倉幕府二代目将軍、源頼家(みなもとの よりいえ)の娘。

竹御所、なんというか、身内に縁の薄い人だなー、と思いました。

お父さん(頼家)もお母さんも、お兄さんたちまで時の権力者であり、執権でもあった北条氏の手にかかり、無残な死をとげていくの。

竹御所も男子であれば、一緒の運命だったと思う。

でも、女の子だったから、殺害の憂き目にはあわずにすんだんだね、きっと。

お父さんである源頼家は、初代将軍の源頼朝(みなもとの よりとも)と北条政子(ほうじょう まさこ)の息子だったんだけど、母の実家である北条氏より、乳母の実家である比企氏(ひきし)を頼ってたわけ。

それって、北条氏にとっては面白くないよね。

将軍が、比企一族を頼っていたのでは、下手すると比企氏に権力の座を奪われかねないし。

北条氏はさ、初代将軍の源頼朝(みなもとの よりとも)が死んだ後、自分たち一族の権力の足場を踏みかためるのに、必死な時期だったんだよね。

その結果、比企一族を滅ぼし、言うことをきかない将軍、源頼家は、幽閉したあげく殺害しちゃったの。

比企氏の屋敷にいた竹御所は、北条政子のもとで養育されることに。

政子にとってみれば、孫だもんね。

政子としては、自分の後継者として育てたみたい。

28歳の時、15歳年下の四代目将軍藤原頼経(ふじわらの よりつね)と結婚。

当時としては、すっごい晩婚だけど、政治的な意味あいでは、源氏の直系の姫と将軍との結婚は意味があったんだろうな・・・。

で、33歳で妊娠するんだけど、さすがに当時としては高齢出産もいいとこ。難産で、竹御所は亡くなってしまう。

お腹の赤子も、死産。

男の子だったんだって。これで、ほんとに源氏の嫡流は途絶えてしまったんだね。


コメント( 0 )


548546

トップに戻る