ゆめみるあんぽがき日記 2006年以降分 2005年までの分はこちら

こっちも見てね→ゆんゆらんど(本の紹介) ←気に入ったら押してね

  見出し 有間皇子 11/19

歴史関係 2006/11/19,15:47:11


管理用
ID
PW
全ての記事(424)
2012年(1)
2010年(42)
2009年(68)
2008年(49)
2007年(101)
2006年(163)

映画(9)
鳥(60)
グルメ(63)
おやつ(44)
その他(138)
ドラマ(6)
折り紙(1)
歴史関係(29)
花・植物(32)
料理(11)
旅行(13)
読書(10)
空(8)

海のエジプト展

いざ、鎌倉

人をのろわば・・・

ハッピーバースデー♪ 3/31

きなこ・・・好きだったのに 3/10

寿桂尼 2/15

藤原道長 1/27

ボロブドゥール 1/20

北条時宗 1/19

マリー・アントワネット 1/13

謎の多い人 1/5

大伴坂上郎女 12/18

樋口一葉 12/3

額田王 12/1

おままごと? 11/25

北条時政 11/24

有間皇子 11/19

静御前 11/19

吉乃 11/4

大姫 10/29

お江与の方 10/27

氷高皇女 10/25

赤橋登子 10/22

竹御所 10/19

上杉謙信 10/18

藤原道綱母 10/16

間人皇女 10/15

徳川昭武 10/13

持統天皇 10/12



有間皇子(ありまのみこ)。

孝徳天皇の皇子。

645年、有名な大化の改新があった年に、父である孝徳天皇が即位。

ここから、有間皇子の運命は狂いはじめる。

父親が天皇にさえならなかったら、彼は一皇族として、平穏無事な生涯を終えることができたのかもしれない。

しかし、父が天皇になることで、自分も皇位を継ぐ可能性のある者となったため、時の実力者、中大兄皇子(後の天智天皇)ににらまれ、粛清されてしまう。

有間皇子は、粛清から逃れるため、気の狂ったふりまでしたという。

そんな彼に謀反をそそのかしたのは、蘇我赤兄(そがの あかえ)。

有間も中大兄皇子を倒そうという気になるが、その矢先、なんと赤兄が中大兄皇子に密告し、有間は捕縛されてしまう。

中大兄皇子の尋問に、有間は、「天と赤兄だけが知っている」とのみ答えたという。

そしてその後、絞首刑にされた。まだ20歳にもならない少年だったのに。

有間皇子に野心がなかったといったら、ウソだろうけど、中大兄皇子の粛清はやりすぎじゃないだろうか。(ほかにもいっぱい殺してる)

結局、粛清してなかった弟の大海人皇子(おおあまのみこ)に、死後、政権をとられることになるのは、皮肉としかいいようがない。



コメント( 0 )


532966

トップに戻る