ゆめみるあんぽがき日記 2006年以降分 2005年までの分はこちら

こっちも見てね→ゆんゆらんど(本の紹介) ←気に入ったら押してね

  見出し クレヨンしんちゃん 雲国斎の野望

映画 2007/4/18,8:58:23


管理用
ID
PW
全ての記事(424)
2012年(1)
2010年(42)
2009年(68)
2008年(49)
2007年(101)
2006年(163)

映画(9)
鳥(60)
グルメ(63)
おやつ(44)
その他(138)
ドラマ(6)
折り紙(1)
歴史関係(29)
花・植物(32)
料理(11)
旅行(13)
読書(10)
空(8)

映画「幸せのレシピ」をみて

キジバトぽっぽちゃん

映画「ミス・ポター」をみて

冷製パスタ

映画「プリティ・ウーマン」

紅茶のシフォンケーキ

久しぶりにさっぱり

お肌のハリ・・・カムバック!

大根のきんぴら

快晴!

花を摘んで・・・

オナガのおうち

元気に成長中

数量限定で〜す

のれん、買いました

隠れないで〜

海だ! その2

海だ!

毎晩飲んでます

あっ、とたけけだ!

キャンベルタウン 追記

キャンベルタウン

アジサイいろいろ

水もしたたる・・・

ツボミがほころんで

涼やかなその姿

水浴びパシャパシャ

下向きなのは、つつましいの?

やっときた!

キュウリがおいしい

ドレスアップ

人をのろわば・・・

コーヒーゼリーは大人の味

色づきはじめました

桜桃色の花

バラ園にて

デザートは別腹

ホッと一息

80歳だよ、ピヨピヨ

いっぱい生えてきました

マカロンさまたち

アルハンブラ

5月の貴婦人

デスパレートな妻たち

梅雨の頃の看板娘

元気ないです

謎の花

黄金の花

新しいお店

3色そろいました

なぜ、はじっこ!?

アイスのてんぷら

二番は黄色

お引越し

デート♪

オレンジ色、一番のり!

ティータイムをご一緒に

ホッとするごはん

ママになりたいのです

芽がでた〜

5ケタでした

武士は大変 

クレヨンしんちゃん 雲国斎の野望

お寿司も春らしく 

桜のトンネル

桜も凍えてます 

ハッピーバースデー♪ 3/31

がんばってます 3/28

咲きました! 3/24

出ておいでよ〜 3/21

黄色いくちばしの鳥さん 3/21

100円ショップの誘惑 3/17

きなこ・・・好きだったのに 3/10

チャーシューというか・・・ 3/8

いよいよですね 3/5

今日は楽しいひなまつり〜♪ 3/4 

パスタがこないよ〜 3/3

寿桂尼 2/15

三連休最後の夜 2/14

玉子どん 2/4

食べ過ぎ〜 2/4

モモ!? 2/1

コーンスープがアイスに! 1/30

今日のランチ 1/28

藤原道長 1/27

ホワイトチョコティラミス 1/23

ボロブドゥール 1/20

北条時宗 1/19

牛肉とほうれん草の具だくさんスパゲティー 1/17

大漁!大漁! 1/14

マリー・アントワネット 1/13

今さらですが 1/13

イヤリング 1/12

柚子風味デザート 1/10

白くまさん 1/9

オルトナーラ 1/8

あ、2個目だ 1/7

謎の多い人 1/5

生クリームがいっぱい 1/4

年が越せんかった 1/4

2007年、あけまして・・・ 1/1



昨夜、いつだったかの深夜に地上波で放送してたのを録画しておいた映画をみました。

娘が生まれてからというもの、映画1本みる余裕がなかなかできません(-_-;)

で、昨夜みたのは、アニメ映画で、「クレヨンしんちゃん 雲国斎の野望」

「クレヨンしんちゃん」の映画は初めてで、期待しながらみました。(けっこう笑えるんですよね)

ストーリーは、クレヨンしんちゃんの一家が戦国時代にタイムスリップして、春日部城を滅ぼした「雲国斎」一味を退治するというもの。

見終わって思ったのは、タイトルにもなってる「雲国斎」という言葉はいったいなんの意味があるの?ということ。悪の親玉が「雲国斎」・・・なはずなのですが、いつのまにか未来人のピエールなる人物ということになってしまって、「雲国斎」というせっかくのキャッチーな名前がどこへやら・・・。

あと、春日部城主の息子、「吹雪丸(ふぶきまる)」という少年が出てくるのですが、この少年、実は女性だったというオチなのですが、女なのが最初からバレバレな上に、女にする意味はどのへんに!?と突っ込みたくなります。(途中の入浴シーンをかきたかっただけなのでしょうか?)

さらに、突っ込みどころはたくさんありますが、子供向けの番組だし、最後はしんちゃんの大好きな「カンタムロボ」も大活躍するし、面白かったです。

アニメって、声優さんをみるのがもう一つの楽しみなのですが、あんぽがきは年のせいか、最近の新しい声優さんは、ちんぷんかんぷんです。

でも、この映画、意外と大物さんも使っててびっくり。
悪の一味の一人(名前忘れた)に玄田哲章さん。低音のシブイ声がステキでした。

あと、驚いたのは、悪の親玉「ピエール(=雲国斎)」!
なんと富田敬さんです。映画をみながら、富田さんの声に似てるなあとは思っていたのですが、富田さんはもう亡くなってしまった方なので、まさかと思ったのです。

富田さんの生前の作品だったんですね、「雲国斎の野望」。

最近の日本のアニメは、コマ割りが少なくて、あまりキャラの動きがなかったりする手抜きのものが多いような気がするのですが、この映画は違いました。

背景もすっごい細かくきれいに描かれててびっくり。

アニメは日本の誇れる文化だと思うし、きれいなアニメ、たくさん作ってほしいです・・・。

コメント( 4 )






527999

トップに戻る