ゆめみるあんぽがき日記 2006年以降分 2005年までの分はこちら

こっちも見てね→ゆんゆらんど(本の紹介) ←気に入ったら押してね

  見出し キャンベルタウン 追記

2007/6/25,3:52:44


管理用
ID
PW
全ての記事(424)
2012年(1)
2010年(42)
2009年(68)
2008年(49)
2007年(101)
2006年(163)

映画(9)
鳥(60)
グルメ(63)
おやつ(44)
その他(138)
ドラマ(6)
折り紙(1)
歴史関係(29)
花・植物(32)
料理(11)
旅行(13)
読書(10)
空(8)

映画「幸せのレシピ」をみて

キジバトぽっぽちゃん

映画「ミス・ポター」をみて

冷製パスタ

映画「プリティ・ウーマン」

紅茶のシフォンケーキ

久しぶりにさっぱり

お肌のハリ・・・カムバック!

大根のきんぴら

快晴!

花を摘んで・・・

オナガのおうち

元気に成長中

数量限定で〜す

のれん、買いました

隠れないで〜

海だ! その2

海だ!

毎晩飲んでます

あっ、とたけけだ!

キャンベルタウン 追記

キャンベルタウン

アジサイいろいろ

水もしたたる・・・

ツボミがほころんで

涼やかなその姿

水浴びパシャパシャ

下向きなのは、つつましいの?

やっときた!

キュウリがおいしい

ドレスアップ

人をのろわば・・・

コーヒーゼリーは大人の味

色づきはじめました

桜桃色の花

バラ園にて

デザートは別腹

ホッと一息

80歳だよ、ピヨピヨ

いっぱい生えてきました

マカロンさまたち

アルハンブラ

5月の貴婦人

デスパレートな妻たち

梅雨の頃の看板娘

元気ないです

謎の花

黄金の花

新しいお店

3色そろいました

なぜ、はじっこ!?

アイスのてんぷら

二番は黄色

お引越し

デート♪

オレンジ色、一番のり!

ティータイムをご一緒に

ホッとするごはん

ママになりたいのです

芽がでた〜

5ケタでした

武士は大変 

クレヨンしんちゃん 雲国斎の野望

お寿司も春らしく 

桜のトンネル

桜も凍えてます 

ハッピーバースデー♪ 3/31

がんばってます 3/28

咲きました! 3/24

出ておいでよ〜 3/21

黄色いくちばしの鳥さん 3/21

100円ショップの誘惑 3/17

きなこ・・・好きだったのに 3/10

チャーシューというか・・・ 3/8

いよいよですね 3/5

今日は楽しいひなまつり〜♪ 3/4 

パスタがこないよ〜 3/3

寿桂尼 2/15

三連休最後の夜 2/14

玉子どん 2/4

食べ過ぎ〜 2/4

モモ!? 2/1

コーンスープがアイスに! 1/30

今日のランチ 1/28

藤原道長 1/27

ホワイトチョコティラミス 1/23

ボロブドゥール 1/20

北条時宗 1/19

牛肉とほうれん草の具だくさんスパゲティー 1/17

大漁!大漁! 1/14

マリー・アントワネット 1/13

今さらですが 1/13

イヤリング 1/12

柚子風味デザート 1/10

白くまさん 1/9

オルトナーラ 1/8

あ、2個目だ 1/7

謎の多い人 1/5

生クリームがいっぱい 1/4

年が越せんかった 1/4

2007年、あけまして・・・ 1/1


前回の記事に書いた「キャンベルタウン」。

そこでの出来事で、後から思い出したことがあったので追記します。

「キャンベルタウン」は、園内に、外と遮断された(二重になってる自動ドアで出入りします)森があって、そこに野鳥たちが、放し飼いになってたり、ケージの中にいたりします。

人工的に作られた小川や、小さな滝もあって、面白かったな。

そしたら、とある場所に立て札があって、「ここはペータのなわばりです。入ると羽でたたかれたりするかもしれません」という意味の内容が書いてありました。

「ペータ」とは、たぶん鳥の名前で(アルプスの少女ハイジと関係あるのか?)、この辺はその鳥のなわばりなんだな、近づかないようにしよう・・・と、そのまま通り過ぎようとしたあんぽがきの目の前を、夫がスーッと通過。

そのまま、その「なわばり」に、ずかずかと入って行くではありませんか!

「ちょっと!そこ、入っちゃダメだよ!」と、あんぽがきが言うと、もちろん、確信犯の夫は何くわぬ顔でそのまま前進。

すると、目の前に、すっくと立つ一羽の鳥が。(なんという鳥か分かりませんでした。ただ地面を歩いて移動してました〜)

その鳥が「ペータ」にちがいない!

あんぽがきも夫も思いました。

しかし、夫は立ち退かない。なんとか、「ペータ」に羽でバシバシぶってもらおうと期待に胸をふくらませながら、待っています。

一方、「ペータ」は、夫の行動に、完全に怯んでる様子。片足を上げたまま、立ちすくんでいました。

とうとう、夫が根負けして、その場を後にすることに。

ごめんね、「ペータ」。お騒がせしました。

さらに夫は、「エミュ」にも突っつかれたがっていました。真の鳥好きとは、そうしたものなのでしょうか?


写真は後ろ向きの「ワラビー」。ダレた背中が暑そう(笑)





コメント( 5 )







548548

トップに戻る