ゆめみるあんぽがき日記 2006年以降分 2005年までの分はこちら

こっちも見てね→ゆんゆらんど(本の紹介) ←気に入ったら押してね

  見出し 映画「ミス・ポター」をみて

映画 2007/9/15,22:40:48


管理用
ID
PW
全ての記事(424)
2012年(1)
2010年(42)
2009年(68)
2008年(49)
2007年(101)
2006年(163)

映画(9)
鳥(60)
グルメ(63)
おやつ(44)
その他(138)
ドラマ(6)
折り紙(1)
歴史関係(29)
花・植物(32)
料理(11)
旅行(13)
読書(10)
空(8)

映画「幸せのレシピ」をみて

キジバトぽっぽちゃん

映画「ミス・ポター」をみて

冷製パスタ

映画「プリティ・ウーマン」

紅茶のシフォンケーキ

久しぶりにさっぱり

お肌のハリ・・・カムバック!

大根のきんぴら

快晴!

花を摘んで・・・

オナガのおうち

元気に成長中

数量限定で〜す

のれん、買いました

隠れないで〜

海だ! その2

海だ!

毎晩飲んでます

あっ、とたけけだ!

キャンベルタウン 追記

キャンベルタウン

アジサイいろいろ

水もしたたる・・・

ツボミがほころんで

涼やかなその姿

水浴びパシャパシャ

下向きなのは、つつましいの?

やっときた!

キュウリがおいしい

ドレスアップ

人をのろわば・・・

コーヒーゼリーは大人の味

色づきはじめました

桜桃色の花

バラ園にて

デザートは別腹

ホッと一息

80歳だよ、ピヨピヨ

いっぱい生えてきました

マカロンさまたち

アルハンブラ

5月の貴婦人

デスパレートな妻たち

梅雨の頃の看板娘

元気ないです

謎の花

黄金の花

新しいお店

3色そろいました

なぜ、はじっこ!?

アイスのてんぷら

二番は黄色

お引越し

デート♪

オレンジ色、一番のり!

ティータイムをご一緒に

ホッとするごはん

ママになりたいのです

芽がでた〜

5ケタでした

武士は大変 

クレヨンしんちゃん 雲国斎の野望

お寿司も春らしく 

桜のトンネル

桜も凍えてます 

ハッピーバースデー♪ 3/31

がんばってます 3/28

咲きました! 3/24

出ておいでよ〜 3/21

黄色いくちばしの鳥さん 3/21

100円ショップの誘惑 3/17

きなこ・・・好きだったのに 3/10

チャーシューというか・・・ 3/8

いよいよですね 3/5

今日は楽しいひなまつり〜♪ 3/4 

パスタがこないよ〜 3/3

寿桂尼 2/15

三連休最後の夜 2/14

玉子どん 2/4

食べ過ぎ〜 2/4

モモ!? 2/1

コーンスープがアイスに! 1/30

今日のランチ 1/28

藤原道長 1/27

ホワイトチョコティラミス 1/23

ボロブドゥール 1/20

北条時宗 1/19

牛肉とほうれん草の具だくさんスパゲティー 1/17

大漁!大漁! 1/14

マリー・アントワネット 1/13

今さらですが 1/13

イヤリング 1/12

柚子風味デザート 1/10

白くまさん 1/9

オルトナーラ 1/8

あ、2個目だ 1/7

謎の多い人 1/5

生クリームがいっぱい 1/4

年が越せんかった 1/4

2007年、あけまして・・・ 1/1



正直、ここまでいい作品とは、期待しないでみました。

主人公のビクトリアス・ポター役のレネー・ゼルウィガーが、わりと好きな女優さんであることと、ピーター・ラビットの作者についての興味・・・その二つの理由が、この映画をみる理由だったので。

ピーター・ラビットの作者については、何も知りませんでした。女性であることですらです。

そんな私ですが、映画をみているほとんどの時間、涙がとまりませんでした。



以下、ネタバレ注意!




最初は、ビクトリアスの描いた絵本が出版されることへの嬉しさと、興奮の涙。

やがて、32歳にして訪れた、ノーマンとの純愛の涙。

レニー・ゼルウィガーの演技がすばらしいのか、ビクトリアスのノーマンへの想いがひしひしと伝わって、二人の恋愛に素直な興奮を感じました。

感情移入しすぎたせいで、その後やってくる突然の二人の別離には、もう涙がとまらず・・・まいりました。

ビクトリアスの絶望が、痛いくらいに伝わってきて、悲しくて、悲しくて。

32歳のビクトリアスが、もうすぐ結婚する・・・というところまでいって、また独りになる。なんて、残酷なのでしょう。

でも、彼女は、また静かに立ち直っていきます。

やがて、再び彼女を支える男性もあらわれ・・・。

イギリスの湖水地方の自然の中でスケッチする彼女の姿。つらい経験をのりこえて描き続ける彼女の姿が印象的でした。

エンディングの音楽がまた、ジーンときます。

ノーマンへの静かな愛を感じます。


コメント( 0 )


546118

トップに戻る