前のページへ
「白文鳥さん…!」
桜文鳥は白文鳥さんのあたたかさに触れた
気がして目を覚ましました。
だけどそこには白い雲が流れているだけでした。

HPトップへ